情報の森

見方をかえてみる 世界をかえてみる

音楽

音楽理論の勉強方法【楽曲分析】

現代において、一から音楽を作る人は存在しません。そもそも、ドレミファソラシドにしても、スケールにしても、楽器にしても、先人達が作り上げてきたものです。それらを用いることには躊躇しないのに、先人達のメロディやコード、構成などを用いることに抵…

【初心者】音楽理論 おすすめ書籍【作曲】

私自身が実際に読んでみて良いと思った書籍を一言添えて紹介します。随時更新していきます。 ●「コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ 目指せ! 譜面がなくても曲が弾ける人!」音楽を始めたばかりだけど作曲したい人、音楽をもっと楽しみたい人、まずは…

ポップスのための音楽理論学習マップ

初級●メジャースケール●ダイアトニックコード●スリーコード● 代理コード中級●ノンダイアトニックコード基礎●セブンス●転調上級●ノンダイアトニックコード応用●テンションコード●分数コード(オンコード、スラッシュコード)番外編●マイナーキーとマイナース…

【EDM】アドナインスとは

アドナインスは、3和音に9th(長2度)の音を加えたコード※9thとはコードのルート音から数えて9th(長2度)ということ アドナインスとナインスの違いは、7度の音(M7、m7)の有無のみのため、アドナインスをナインスの代理コードとして使用可能

高い声を出すためのボイトレ

①「額あたり」から声を響かせる発声で歌ってみよう②多く息を吐く(腹式呼吸)③チェストボイスを鍛える 本記事では③を解説していきます。 ※この記事では歌唱に使用する地声を「チェストボイス」と表現しています。 自由自在なチェストボイスを習得するメリット…

音楽理論を学ぶ意義

作曲に音楽理論は必要ではない。自分がよいと思った音を紡いでいけばいい。 しかし、音楽理論を学ぶ意味は大いにあります。本記事では音楽理論を学ぶことにより得られることについて記述します。 ・音楽の記録・音楽の分析・音楽の再現・車輪の再発明防止 ●…

ギター弦交換

張っている古い弦を緩める※音が低くなる方向に回せば弦の張りは緩くなるニッパーなどで弦をカット弦を外します。(ブリッジピンを抜く)弦の後ろ端の輪、「ボールエンド」をひっかけやすくするためにちょっと曲げる新しい弦のボールエンドが付いてる側をブリッ…

DTM音楽理論学習マップ

【DTM】ディグリーネームとは?【DTM】キーとは? 【DTM】ドミナントモーションとは編曲とは?~作曲との違い~【DTM】作曲におけるノイズ【DTM】ディレイとは?【DTM】だんだん大きくなるホワイトノイズの作り方【Cakewalk by Bandlab】【DTM】パソコンで無…

【DTM】ディグリーネームとは?

「音楽のキー」について理解をしていないとディグリーネームはわかりません。キーとは?→https://mashintoart.seesaa.net/article/488992441.html?1655683280 ディグリーネームとは?「ディグリーネーム」はスケール上の各音に対して「度数・degree」に応じ…

【DTM】キーとは?

音楽におけるキーとは一言で言うと、「使用する音のグループ」。キーは特定の7つの音をグループ化したもの。例えばC(ド)を基準としたCメジャーキーでは「ドレミファソラシ」が使用する音。現代人はキーで作られる音楽に慣れ親しんでいるので、鼻歌などで適…

【ディグリーネームコード譜】ひまわりの約束/秦基博

☆-3[1 5 4 1 5/7#6m 3m 4] 1 5 4 1 5/7#6m 3m 2m7 51 5 4 1 5/7#6m 3m 4 5 14 3m 6m 27 27/4# 5sus 51 4 5 5#dim 6m6m7 5m7 174 27/4# 5 5#dim6m 27 5sus 51 4 5 5#dim 6m6m7 5m7 174 37 6m 27/4#4 4m 5

【DTM】ドミナントモーションとは

ドミナントモーションとは?ドミナント7(不安定)コードから、トニック(安定)コードへの動きのこと。 ドミナントモーションを理解すると、・コード進行のバリエーションが増える!・自由にキーを転調できる!・コード進行の読解力アップ! ドミナントモ…

編曲とは?~作曲との違い~

「編曲(アレンジ)」について知る前に、「作曲」について考えてみましょう。●作曲ポップスにおいて「作曲」は、歌のメロディラインとともに簡単なビアノ伴奏やコードを作る作業のこと(コードから歌メロを起こす作曲方法もある)。楽曲の骨格や概略的なシナ…

【DTM】作曲におけるノイズ

ホワイトノイズは、広範囲の周波数を⼀定の⼤きさで繰り返し発⽣させた⾳ピンクノイズとは、ホワイトノイズに-3db/octの低域通過フィルタを通したもの。高音が抑えられてホワイトノイズより低い音に聞こえます。1/fノイズとも呼ばれます。 完璧なホワイトノ…

【DTM】ディレイとは?

単純な波形から音色が作られることが多い「シンセサイザー」でどうしても弱くなってしまうのが「音の空気感/立体感」。これを埋めるのが「ディレイ」で、「やまびこ」と言えばわかりやすいと思いますが、元々の音を繰り返し再生するというものです。

【DTM】だんだん大きくなるホワイトノイズの作り方【Cakewalk by Bandlab】

ドロップに向けた盛り上げなどに用いられる、だんだん大きくなるホワイトノイズは、「ライザーサウンド」と呼ばれています。 「ライザーサウンド」とはその名前の通り、徐々に上昇していく(盛り上げていく)効果を演出するもので、EDMのビルドからドロップ…

【DTM】パソコンで無料EDMの作り方【Cakewalk】

EDMとは「Electronic Dance Music」(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の略。 直訳すると「電子の・踊る・音楽」となります。つまり、シンセサイザーなどを使って生み出す音=”電子音“の音楽ジャンル。 主にクラブないしは音楽を中心に据えるエンタ…

【DTM】ハモり(コーラス)のミックス

「普通にメインより音を小さくするだけだと、ボーカルラインとぶつかってごちゃごちゃ」「小さくしすぎると聴こえなくなってハモリが入っている意味がない」など、単純ではないハモリのミックス。 ハモリミックスの際に気を配るのは以下の点です。 ・コンプ…

【DTM】ハモリを徹底解説!

「ハモリ」の語源は「ハーモニー」からきています。メインメロディーを異なる音程で歌うことでハーモニーを作り、曲に深みと一体感を出すことがハモリです。 ちなみにユニゾンとは、メインメロディーを同じ音程で重ねて歌うことです。 そして、音楽において…

【DTM】アンプとは

アンプは、アンプリファイア(amplifier)の短縮形であり、増幅器のこと。(電圧や電流の波で表現されることが一般的な)信号を増幅するもののこと。 楽器やマイクと組み合わせる増幅器のことで、エフェクタやスピーカーと一体化しているものが多い。